Excitemusic ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ

[ murmur ]
1978年6月25日生まれ。東京育ち。高校の頃から詩を書き始め、卒業後にボーカルレッスンに通い出す。その後友人とともに楽曲制作を開始。働きながら音楽活動を続け、知人の紹介で現在の事務所に楽曲を送りデビューが決定。
1stアルバム
「音と色の記憶」
9月6日リリース

TKCA-73112/アルバム/2006.09.06/¥2,800(税込)
音と色の記憶。
thu.12:00


アルバムのタイトルが『音と色の記憶』に決定しました☆
もう左側に載ってるから気付いていた方もいると思いますが(^^)

f0103422_12185828.jpg



人間の記憶には、目で見た情報・耳で聞いた情報・鼻で嗅いだ情報
などが蓄積されていくと思いますが、殊音楽に関しては、
耳(曲)と目(ヴィジュアル)が基本ですよね。

何かの曲を聴いて、その曲が流行っていた頃のことを
思い出したりしたことはありませんか?(^^)
音楽って、聴いた人の記憶に思い出と一緒にインプットされますよね。
いや、アウトプットもあるか。。。
何か曲を聴いて引き出される思い出だってあります。

このタイトルにした理由はたくさんあるのですが、
私の曲を聴いてくれた方が、何時かの時を思い出したり、
後に何処かの景色を見て逆に私の曲を思い出してもらえたり、
そんなことがあったら良いな、という気持ちがまずこもっています。

それに、私自身が色んなことを振り返りながら作った詞が
あったりもします。大切なのは、
『記憶だけが個人を特定するもの』だっていうこと。
住所や電話番号なんて、ホントは在って無いようなもの。
名前でさえ、不確かなものです。
それぐらい“記憶”は人間にとって大事なもの。
みんなそれがあるから、輝いていられると思います。。。


そんな思いも込み込みで!このタイトルに決めました♪
発売はまだまだ先ですけどね~(゜∀゜;)>


今日は“記憶”をテーマにお送りするということで、
最近好きになった写真家さんをご紹介☆

植田正治さん、という写真家をご存知ですか?

私は先日初めて知りました。
写真を見るのが大好きで、写真集などもたまに購入するのですが、
この間たまたま本屋さんで発見したのが、植田さんの写真集でした。
見てすぐ、この人の撮る写真好き!!!って思いました!!!
中を見たらやっぱり良かった(>∀<)♪

『モノクロで、砂漠のような場所に着物の女性が座っていて、
そのずっと奥の方に洋装の女性が笑みを浮かべて立っている』

そんな表紙の、『吹き抜ける風』という写真集。


中でも目を引くのが、砂漠の中でのかなり作り込んだ構成の写真。

家族が普段着のまま砂漠の小高い場所に並んでいたり、
小学生が自転車に跨っていたり、わざとらしく並んでいたり。

なんかね、不思議。

砂漠シリーズ以外の写真にも感じるのですが、
対象はすごくリアルなのに写真そのものがリアルじゃないの。。。
言葉が足らなくて上手く伝えられないなぁ、、、
でもホントに、素敵です☆
戦後すぐにこんな写真を撮っている人がいたっていうのがスゴイ。
なんてお洒落なのかしら(^-^)。。。
陰影だけの写真も好きですし、どこかアニメや漫画を感じさせる
構成も良い~☆
後期の作品にはダリの絵画を思わせるものもあり。
カラーの写真も少しあったのですが、その色具合も好きでした。


↓キツメのお面をつけた男の子が飛んでるの。
↓漫画の世界ですよね。『20世紀少年』とか思い出しちゃった。
↓写真集ではこんな風にスポットが当たってなくて、もっと明るいです。

f0103422_11282326.jpg



どの写真にも、昭和の匂いが充満していて、
子供の頃の幸福感を懐古させます。

なんでしょう、この懐かしさは。。。
雨上がり、土やコンクリートの匂いが立ち込めた時の感覚に近い。



本日はこれから、アルバムの最終工程の作業に行ってまいります♪
音の素材の編集も終って、あとは合体(!?)させて、
綺麗にコーティングしていくような感じです(´▽`)楽しみ~♪
[PR]
by murmur_ex | 2006-07-13 00:00 | 本とか映画
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用をお断りします。
Copyright ©1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム