Excitemusic ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ

[ murmur ]
1978年6月25日生まれ。東京育ち。高校の頃から詩を書き始め、卒業後にボーカルレッスンに通い出す。その後友人とともに楽曲制作を開始。働きながら音楽活動を続け、知人の紹介で現在の事務所に楽曲を送りデビューが決定。
1stアルバム
「音と色の記憶」
9月6日リリース

TKCA-73112/アルバム/2006.09.06/¥2,800(税込)
エピソード1。。。
thu.00:00


昨日はバレンタインでしたね~。

「義理チョコ」って、嫌い。笑
私は、年始の挨拶メールなんかでも思うのですが、
同じものをたくさんの人に同時にあげたり、
同じ文章を一度にたくさんの人にメールしたりするのが、
ど~しても好きになれないのです。。。

ライブのお誘いメールも、人数が増えてどうしても連名で送らなければ
いけなくなってしまって、なんか辛くなりましたし。。。苦笑
連名で来たものに関しては、あまり何とも思わないのですが、
当然「自分だけに宛てた」言葉の方が、重みがあります。
なので自分が出すとなると、ちょっと躊躇ってしまうのです(´へ`)

言葉や物を誰かに贈るとき、必ずその人のことだけを考えて
贈りたいのです。

それがたった一言であっても。
逆にそれが出来ないのなら、何もしない方がマシ!みたいな。苦笑

相手が家族でも、恋人でも、頻繁に会う友達でも、今ではほとんど
会わなくなってしまったような友達でも、仕事の付き合いの人でも、
とにかく誰に対しても、相手を“一緒くた”にするのが、
なんだか嫌なのです。。。

だから今年も誰にもチョコはあげてません。笑
(↑怠慢なことへの言い訳ではないですよ~!!)

あれですよ、「この人にあげたら、この人にも、そしてこの人にも…」
“芋づる式”を、あらかじめ断ち切ったのです。笑笑
それって怠慢!?


そんな私にも、バレンタインの可愛いエピソードはあるんですよ。


小学6年生の時、3年間好きだった男の子に、チョコをあげました。
しかも手作りでね!!!笑。その子だけにあげるなんて恥ずかしいし、
その子を好きだということは親友にも内緒だったので
(だってその親友がその子のことを好きだったからね…笑)、
他の男の子にも同じようにあげて、その子にもあげたんです。。。

放課後、終礼も終った後だったので、男の子達はその場で
みんなから貰ったチョコを開けて食べ始めたんですよ。

そしたらね、その好きだった子が、
「このチョコうめ~!!」って言って、
私があげたチョコをバクバク食べてくれたんですよ!!!
即完食!!!

それがね~ホンットに嬉しくて、笑、今でもよく覚えてます。
だって他の子のチョコだってあるし、みんないるし、
そんなとこで自分の作ったチョコを褒められたら…
そりゃ嬉しいです!!

でもね、

散々食べた後、

「これ誰のだっけ?」って。笑。。。

逆に恥ずかしくて名乗り出せず、そのまま帰りました(^^;)笑
なんて健気な私~。笑
(今じゃその片鱗もない訳ですが。笑。)

それが私のあげたチョコだったと、後で気付いてくれたかどうかは
定かではないですが、卒業前のホワイトデーにはちゃんと
マシュマロ貰いました。
その子にチョコをあげた他の全員と同じようにね。笑

その後、中学校に進学した私のバレンタインは、
自分が誰かにあげるよりも、専ら、後輩の女の子にチョコを
貰うことになるのでした。。。

完。


↓そんな今年も友達に貰いました。BABBIのウェハースチョコ♪

f0103422_17174214.jpg



↓こんな可愛いミニポーチに入ってました~♪

f0103422_1718945.jpg



↓今日は甘いもの特集にしよう!!
↓という訳で友達と食べたZESTのチョコケーキ♪

f0103422_171840100.jpg



↓そんでもって家で食べたプッチンプリン♪臨場感溢れてるでしょ♪

f0103422_171994.jpg




ってなんか、甘いものばっかり食べてそうな感じですが、
基本はあまり食べません。笑
疲れていると食べたくなるのは何でですかね~??
脳が欲するのでしょうか??
[PR]
by murmur_ex | 2007-02-15 00:00 | 独り言とか戯れ言
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用をお断りします。
Copyright ©1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム